脳梗塞が原因で死亡するケースもある|未然に防ごう

ドクター

肝臓は沈黙の臓器です

男性

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるくらい、初期症状の出にくい臓器です。全身倦怠感や食欲低下の症状や、黄疸、ビリルビン尿などの症状が出た場合は、肝臓がんを含め、様々な肝臓の病気の兆候です。早期に肝臓の精密検査を受けましょう。

Read More..>>

早期発見・早期治療の為に

ナース

胃がんはがんの中でも自覚症状がないがんとして知られています。早期発見が早期治療に繋がりますので、異常を感じた場合には、早めに病院を受信すると良いでしょう。日常生活では減塩を心掛けることで胃への負担を減らすことが出来ます。

Read More..>>

もしもの時は大変助かる

病院

浦安は世界的にも有名なレジャー施設があり、さまざまな地域から観光客が訪れます。浦安には夜間診療を行っている医療機関があり、診療科によっては選択肢を持つこともできます。旅先で、もしもの事もあるので夜間診療の医療機関を確認しておきましょう。

Read More..>>

予防に必要な検査

脳の検査だけでは不十分

看護師

脳梗塞を予防するためには、脳の検査を受けることが極めて有効です。しかし、脳の検査だけでは不十分だとも言えます。脳梗塞は脳の血管に血栓が詰まることが原因で発症するのですが、血栓は血管が狭窄している箇所に詰まりやすくなっています。従って、血管の狭窄箇所を見つけることが重要であり、それ故に、CTやMRI等といった脳の画像検査を受けることが脳梗塞予防になるのです。ただ、脳の画像検査で血管の狭窄は発見できても、脳梗塞発症のもう1つの原因である血栓の発生リスクを確認することは不可能です。もっとも、血管狭窄の原因である動脈硬化は血栓の発生原因でもありますので、狭窄が確認された時点で血栓発症リスクもあると言えます。しかし、もう1つ重い脳梗塞を発症させる血栓の発生源があるのです。それが心臓であり、それ故に、脳の検査だけではなく、心臓の検査も脳梗塞予防のためには受けておくべきなのです。

心臓ドッグのすすめ

心房細動や心臓弁膜症、心筋梗塞等といった病気が血栓を発生させることがあるのですが、これらの病気は無自覚のまま発症していることがありますので、心臓の検査が必要となります。もちろん、脳梗塞予防だけではなく、心臓のためにも検査は有効です。心臓の状態を確認する手始めの検査となるのが、心電図検査です。心電図検査は、一般的な人間ドッグの検査内容に含まれています。但し、心電図検査では必ずしも心臓の異常を確認できませんから、より精密に心電図以外の検査も複数行う心臓ドッグを受けた方が賢明だと言えます。複数検査を行うといっても過度な負担を強いる検査ではありませんので、心配は無用です。事実、健康に対する意識が高い人の多くは、心臓ドッグを受けています。